フリー音楽・効果音制作 HMSounds

フリーBGM・効果音を作っています。

ドライブと音楽/カエライフxはてなブログ特別お題キャンペーン

はおう丸です。

ブログテーマのドライブと音楽について書きます。

といっても、ペーパードライバー歴がかなり長いのと、今は車自体もうほとんど乗ってませんので、昔話になります。だいたい20年くらい前(笑)

BGMにどうぞ

ドライブと音楽

田舎者なので、18歳になれば真っ先に車の免許を取りに行かなきゃならんような風潮に流され、仕方なく取りました。

まあでも、それまでチャリで山奥の学校に20分くらいかけて行ってた生活が、親からゆずってもらった軽自動車でちょちょいと行けるようになったので、一気に通学が楽になったのがありがたかったです。僕が行ってたのは高専(高等専門学校)なので、4,5年生になると、車通学が可能になるんです。2年になると原付の通学も可能になって、僕も周りでもチャリ通仲間がどんどん減っていき、原付通学へとシフトしていったのですが、僕はそっちへお金をかけなかったので、1~3年までチャリ通学を頑張りました。

 

そんな当時、よく聴いてた音楽が、ミスチル、WANDS、氷室京介、ディープパープル、辺りです。まだお小遣いの少ない学生だったので、CDはあまり買えませんでした。(一応バイトもしてましたが、PCやMIDI音源など高額なものを買ってあとは貯金してました)ミスチルは「Atomic Heart」「深海」、他アーティストは、ベスト盤を買って、それを車の中でひたすら聴いてました。

あ、当時は、カーステレオがカセットテープのみだったので、買ったCDをテープにダビング(もはや昭和の言葉)して、それを車に積んでました。

お気に入りを車で聴くということ

そんな中で当時車の中で聴いていて一番のお気に入りの曲だったのが、ディープパープルのHighway Starです。

あかんやつ(笑)


Deep Purple - Highway Star

I'm a Highway Star~☆ですから。

軽のミラ(550cc)に乗って、気分はHighstarですよ。山道でしたけど。さらに、山道ではアクセルベタ踏みで40Km/hしか出ない車でしたけど(笑)

車の中で歌うということ

まあ歌いますよね(笑)今だったらヒトカラ(一人カラオケ)に行きますけど、当時カラオケというのは、皆でワイワイ行って楽しむリア充特権的お遊戯でした。

なので、当時はカラオケに行けない代わりに車の中で大合唱してたわけですけど、今はどうなんでしょう。

今は事故の証明のためにも、ドライブレコーダーを付けるのが当たり前になってて、常時録画&録音されてしまいます。事故った際には動画サイトに上げる人もいて、そういうのを目にする機会も多いですが、事故った瞬間に「(ドン!)ちっ!何だよおい....」みたいな捨て台詞を吐いてしまう人もいて、そういうのが動画に収まったりするわけですよね。歌歌い野郎だった場合、「Alright. Hold tight. I'm a Highway star~~~~~ (ドン!)おいなんだよ...」って、歌ってる部分まで動画サイトやワイドショーに晒されて、全国で流れてしまうわけですよ。

次の日から、あだ名はHighway Star、あるいはHighway野郎、もしくはパープルさんになってしまいます。

つらいそれはつらい。

 

ちなみに家では

家に帰ると、当時からDTM環境はあったので、ゲーム音楽の耳コピをしたり、雑誌にある音楽プログラムを打ち込んで、自動再生させたりして、音楽を楽しんでいたので、買えるCDは少なかったですが、よりいろんな音楽を聴く環境はありました。

それと、今ではもうそんなすることをする人は少ないと思いますが、ラジオで流れる曲をテープにダビング(もはや昭和の言葉)して、それを聞くという手段もありましたね。でも、ラジオだとDJの曲解説の部分も録音されたりして、妙にがっかり感が出るんですよね(笑)

当時一番残念だったのが、ミスチルのesという曲をラジオからテープにダビング(もはや昭和の言葉)したテープがあって、それ、曲の最後にラジオDJの谷口キヨコさんがちょちょいと解説を入れるんですけど、台詞を噛んでるのがそのまま録音されてしまってるんです。「ちょっと伸び悩み」という単語を「ちょっと伸よび悩み」って間違ってて、曲を聴くたびに最後でいつも残念な気持ちになってしまいました(笑)

懐かしい。

ちなみに、僕がさや姉の曲を公開するとき、割と発売日に近い日付で公開してるのは、発売一か月前にラジオで初公開されたフルコーラス版をradikoからwavファイルに落としてるからなんです。

あ、今でもダビング(もはや昭和の言葉)してるわ。

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽

カエライフ×はてなブログ 特別お題キャンペーン #ドライブと音楽
by ホンダアクセス

山本彩1stアルバム「α」リリースイベント(リリイベ)に行ってみた

リリースイベント

はおう丸です。

さや姉ブログみたいになってきました。

日曜日、さや姉こと山本彩さんの去年末に発売した「α」(アルファ)の発売リリースイベントに行ってきました。

α(初回限定盤)(DVD付)

α(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:山本彩
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2019/12/25
  • メディア: CD
 

これは、CDを購入した人限定で、抽選によって参加できるイベントです。

アイドルの握手会と違って、買えば買うほど長時間参加できるというわけではなく、抽選なので、運が良くないと参加できません。東京と大阪で2回ずつ計4回、約600人ずつ招待されるイベントです。

1stシングル「イチリンソウ」の時も、同様のイベントを開催していましたが、残念ながら抽選に外れて参加できませんでした。

内容

このリリースイベントは、およそ1時間で、前半がアコースティックアレンジによるライブ、後半がアルバムに関するトークとなっていました。

実質無料なので(一応ライブハウスのお決まりのドリンク料というのは取られます)、ファンにとっては十分すぎる内容ですね。

開催場所は一応非公開となっており、当選した人しか知らないというテイですが、バラしてる人も多数いて、ちょっとググれば出てくると思います。まあネットがこれだけ普及した世の中ですから、よほど緘口令をしかない限りは無理な話だとは思いますけど。

前半:アコースティックライブ

今回はアコースティックアレンジされた5曲をライブで演奏しました。ボーカル、アコースティックギター、ピアノ(シンセではありましたが)、ドラムという編成で、前回は多分ドラムは無かったと思うので、今回からの追加メンバーですね。セトリは

1.TRUE BLUE

2.追憶の光

3.イチリンソウ

4.feel the night

5.Weeeekend☆

 

1曲目のTRUE BLUEは、Mステ放送後のネット生配信番組でもアコースティックバージョンを披露していましたが、今回はドラムも加わってまた違ったアレンジでした。

イチリンソウは、Mステでも演奏した曲で、でもテレビで聴くより、生歌の方が全然良かったです。(正直、Mステの時は緊張感がすごかったので(笑))今回は、割とリラックスしてたと思います。

追憶の光は、さや姉の「進化」を一番感じられる曲で、この曲ではファルセット(裏声)が取り入れられており、これまでの曲よりもずっと難易度が高い曲ですが、生歌でもとてもキレイに響いていて、心地よく聴くことができました。さや姉自身でも、「2,3年前だったら歌えない曲だった」と言っていました。

この中で意外だったのが、feel the nightで、この曲はハウス調の曲で、途中にラップもあったりして、アコースティックとは一番遠い位置にする曲だと思っていましたが、それを見事にアコースティックアレンジしていました。後半のトークコーナーにもあったのですが、「彩ちゃんはかっこいいとかわいいが共存している。それがラップにも出ている」と言われていて、まさにそんな感じでした。ラップって若干やさぐれたような人がやるイメージですが(失礼)、さや姉のラップはかわいいんですよ。

あと、Weeeekend☆という曲は、シングル追憶の光のカップリングで、アルバムαには入ってない曲なんですが、草刈さんが「この曲やっていいのかと思いつつ」みたいなことをおっしゃっていましたが、でもノリノリで一番盛り上がった曲なので、ヨシとしましょう。今回のライブで手ごたえを感じたはずなので、おそらく2月後半以降のホールツアーでもこの曲はくみこまれてくるんじゃないかなと思いました。草刈さんがギターのストラップ(ギターを首にかけるためのアレ)を付け忘れて、ステージ前に出られなかった話も大爆笑でした。

 

後半:トークコーナー

後半は、アルバムαの制作秘話などが聞けました。

セカンドシングルは、実は「棘」じゃなくて「TRUE BLUE」でいく案もあったけど、さや姉の強い意向で棘に決まったとか、チームSYは結束力が強く、少ないテイクで完成して、話してる時間の方が長かったなど、いろんな話が聴けたので、とても満足でした。

ユニバーサルミュージックの人も参加されていて、その中で「アコースティックアルバムの発売もあるかも」と話しをされていました。

さや姉は、今回披露した5曲に加え、前回のイベントでも「JOKER」「メロディ」などのアコースティック版も披露しており、イチリンソウ以外は曲かぶり無しという内容なので、アコースティックアレンジにも意欲的に取り組んでいます。

新人アーティストで、これほどまでに積極的にアコースティックアレンジをしているのは、結構稀なんじゃないでしょうか。

そこでふっと沸いたアコースティック盤の話、しかもレコード会社の人自らの発言ですから、これは実現が十分にあるんじゃないかと思われます!

アコースティックアレンジ盤の発売は?

これも、サポートメンバー(チームSYの名称でファンにおなじみ)の助力が強いおかげだと思います。

バンドマスターいわゆるバンマスの小名川さんは、メインはキーボードを弾きつつ、曲によってはエレキギター、アコースティックアレンジではアコースティックギターを弾きこなすという多才な人で、草刈さんもメインはエレキですが、アコースティックギターも弾きこなす、そして何より、さや姉本人もエレキとアコギも弾きこなす人なんです。確かさや姉は、アコギはマーティンを持ってたと思いますし、PRSとホワイトファルコンを自分で買って、レスポールはGLAY TAKUROさんにもらったという、なかなかのギター持ちなのであります(笑)

アルバムのクレジットには、アコギパートはだいたい「山本彩」の名前でクレジットされており、歌や作詞作曲だけに止まらずアコースティックパートはさや姉が担当していることが伺えます。

それに加え、チームSYには、美人ヴァイオリニストで有名なAyasaさんもいるので、これにバイオリンが加われば最強ですね。

ぜひともユニバーサルミュージックさんには決断してもらいたい!!お願いします!!

 

イベントの合間に

昼の部と夜の部の空時間に、プリクラを撮ったり、UFOキャッチャーを楽しんだとMCで言っていました。その時の写真です。

ギターの草刈さんが「今のプリクラは唇もぷるぷるなんだよ」みたいな話をされていて、写真を見て納得(笑)っていうかプリクラ機、これ絶対草刈さんを女の子認証してるやろ(笑)

さや姉が、「プリクラ」じゃなくて「プリント倶楽部」って言ってたのも面白かった(笑)今どきその名称で呼ぶ人いない(笑)

あと、ピカチュー取りたかったけど2000円吸われた話、さや姉がUFOキャッチャーの取る知識はあれど実践はしてないので、結局全然取れなかったなどの話もありました。

余談

ライブハウスへの道中に、ガールズバーがあって、客引きも激しく、店入り口からイエローな声かけもあったりしたのですが、これからさや姉のライブでウキウキしてる自分に、まして、お酒飲めない、女の子と会話も楽しめない自分には別世界であります(笑)

【ボカロ】豆まき ~節分、恵方巻の曲

はおう丸です。

今日は節分ですね。というわけで、節分にぴったりな曲を紹介したいと思います。

その前に....シリーズものですので、一応順に再生した方が楽しんでいただけると思いますので、順を追って紹介したいと思います。

大根の炊いたん

突然、大根の炊いたん(大根の煮付けを関西ではそういいます)を食べたいと言い出したがくっぽいやん、嫁のめぐっぽいやんに、それを食べたいと伝え、分かったと答えるめぐっぽいやん、仕事を早々に切り上げ、ウキウキで帰ってきたがくっぽいやんであったが......

www.hmsounds.net

トイプードル

突然、トイプードルが飼いたいと言い出したがくっぽいやん。

それを快く聞き入れるめぐっぽいやん、後日、ペットショップへ出かけ、トイプードルのあまりの可愛さに大興奮のがくっぽいやんであったが、そこで待ち受ける悲劇とは......?

www.hmsounds.net

豆まき

さて、ここからが本題の節分の曲になります。

お正月だとかクリスマスの曲というと、なんとなく皆さんもイメージされる曲があるかと思いますが、節分の曲ってあまり無いですよね。豆まき、鬼、恵方巻....いろいろキーワードになるようなものはありますが、イメージソングは思い当たりません。そんな中で作ってみた曲です。

ストーリーを紹介....

突然、豆まきをしたいと言い出したがくっぽいやん。

分かった今度豆を買ってくるといって快く承諾しためぐっぽいやん。

わくわくが止まらないがくっぽいやんであったが、いざ豆まきが始まってみると....

今回も、ボーカロイドによるほのぼのとした関西弁の会話を楽しんでもらえればと思います。

 

スクショ

節分豆まきボーカロイド

豆まきしたいねん!!

節分豆まきボーカロイド

豆まき楽しいな

節分豆まきボーカロイド

鬼の面が...

節分豆まきボーカロイド

なぜアメショーなのかは、2作目「トイプードルをご覧ください」

節分豆まきボーカロイド

嫁が....

節分豆まきボーカロイド、安西先生

安西先生....

トークロイド・パート

曲の中盤以降で繰り広げられるバトルシーンのプロジェクトファイルのスクショを公開します。

これを見れば分かるのですが、ボーカロイドは歌を歌わせるものなので、会話であっても全部音階で表現します。結構音階の上下が激しいですよね。

節分豆まきボーカロイド、トークロイド

特に中盤にある「言うたやん」の部分。ほぼ2オクターブの下がっているところがあります。これを作ってて気づいたことが、普段会話してる時も結構音程の上下があるんだなーと。

よくドラマだとかアニメで「棒読みだ」とや揶揄されてしまう場合は、この音程の上下がほぼ無いことに気付きます。

逆に、アニメでも上手い人、表現力の豊かな人は、この上下がとても激しいと思われます。例えば沢城みゆきさんは、高い声から低い声まで、セクシー美女から子供まで自在に演じ分けられる人ですから、この辺の音程の使い分けが上手いんでしょうね。

 

恵方巻

節分といえば恵方巻ということで、少し前までブームになった恵方巻ですが、ここ最近は、ノルマがどうとか破棄がどうとかで、すっかり下火ですね。元々、関西では恒例行事で、子供の頃から、無言で食べてたこともありましたが、昔はそんなブームでもなく、豆まきのついでといった行事でした。

なんでこんな急に流行っちゃったんでしょうねぇ。

僕は普段から、海苔巻きとかたまに食べるので、節分だからといって、改めて食べようという気は無いのですが、最近は変わり種といいますか、変則種が登場してるみたいで、多少興味は惹かれます。

うどん県のうどんとか

takamatsu.mypl.net

これ出汁とか付けなくてもいいのかな。

あとケーキにしちゃうパターンとか

cookpad.com

そんなんで邪気が払えると思ってんのかオイ......知らんけど。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。節分曲。ほのぼのしてるのでほのぼのしながら聴いていただければと。この時期にしては外も暖かいですし。