HMSounds フリー音楽・効果音制作

著作権フリー音楽BGM・効果音を作っています。Audiostockで配信の他、無料フリー素材もダウンロードできます。

open.spotify.com

著作権フリー商用OKの音楽素材 [Audiostock]

音楽

和風フリー音楽和楽器BGM
日本の古き良き響き 和風曲一覧 尺八、三味線、箏、和太鼓などの和楽器を使った和風の曲たちです。穏やかな曲からハードロックまでジャンルも多岐に渡ります。
オーケストラフリー音楽BGM
壮大で重厚なオーケストラ曲一覧 バイオリンやトランペット、オーケストラ楽器をふんだんに使用し、迫力のあるオーケストラ編成の曲の一覧です。
ゆったりボサノヴァフリー音楽BGM
ゆったりのんびり ボサノヴァ曲一覧 海辺やのんびりとした午後をイメージさせるような、ゆったりのんびりとしたボサノヴァの曲一覧です。
かわいい癒しのオルゴールフリー音楽BGM
かわいい癒しの音色 オルゴール曲一覧 心を落ち着かせる癒しの音色、オルゴールを使った曲の一覧です。
大人なジャズ・フリー音楽BGM
大人なジャズ曲一覧 ちょっぴり大人な雰囲気のジャズ曲一覧です。ピアノ、サックス、クリスマスアレンジ、和風ジャズなど、いろんな曲があります。
癒しのヒーリング曲フリー音楽BGM
落ち着く癒しのヒーリング曲一覧 癒し効果抜群のヒーリング曲の一覧です。ピアノ曲、ほのぼの曲などなど多数そろえています。

効果音

和風効果音フリー素材
和楽器を使用した 和風効果音一覧 定番のドドンなど、和太鼓、三味線、箏、尺八などを使った和風の効果音の一覧です。
テッテレーフリー素材
ドッキリなどに テッテレー一覧 ドッキリでした~!っていう時の効果音です。他にも道具紹介、ミッション成功といった場面にも使えると思います。
ホラー効果音フリー素材
世にも恐ろしい! ホラー系効果音一覧 怪談やホラー映画に使えそうな怖い雰囲気を演出する効果音も多数そろえています。
使えるシステム音フリー素材
使えるシステム音一覧 クリックした時の「ピっ」や「ポン」といったシンプルなシステム効果音一覧です。

他にも多数の音楽・効果音素材を登録していますので、 全一覧 をご覧ください。

.

お気に入りクリエイター登録もぜひお願いいたします。

フリー素材/テッテレー7種 使える効果音 [Audiostock]

はおう丸です。

今回は大人気のテッテレー音の紹介です。効果音として使えるテッテレー7種です。

テッテレーとは何かというと、まあ聞いていただければわかります。

テッテレーフリー素材音わお

acworksさんによる写真ACからの写真

 

テッテレー1/上がっていく音 ドッキリ

1番は完全にアレですね。スターどっきりまる秘報なんとかのやつを意識してます。いやでも別物ですよ?楽器もブラス系を使ってファンファーレっぽくしたり、元はドラムを使っていたところをオーケストラのパーカッションを使ったりと。

テッテレー2/上がっていく音 クイズ正解

2番は、一番テッテレーっぽい音ですかね。何かを達成した時や、ゲームのレベルアップした時など、幅広く使っていただけるかと思います。

テッテレー3/下がる音

テッテレーのレーで音が下がるパターンです。紹介するシーンで盛り上げる場面などに使えるかと思います。

テッテレー4/上下する音 クイズ正解!等

トゥトゥルー♪ いやちょっと違うか.....クイズ正解の場面などにいかがでしょうか。

テッテレー5/上がっていく音 スッキリ

上がっていくパターンのテッテレーです。構成音的にはメジャーコード、いわゆるドミソの構成です。(実際はファ#から)

テッテレー6/上がっていく音レベルアップ

こちらも上がっていくテッテレーです。5番と似てますが、ちょっと違います。音階が違うだけじゃなくて構成音も違います。

テッテレー7/上がっていく音 超快適

こちらも同様、5番と似ていますが、ちょっと違います。

 

と、こんな感じで、いろんなバリエーションとテッテレーをご用意しました。

用途に合わせていろいろ使っていただければと思います。

 

スターどっきりといえば

これを作る際に、いろいろ動画サイトを見てたのですが、昔のどっきり番組は結構過激ですね。突然車が爆破されたり、パトカーで連行されたり、いかにも何とか組みたいな人が出てきたり、良くも悪くも自由だなーと。

今はコンプライアンスがどうとかで、問題になっちゃいますね。すぐ苦情とか来るだろうし。でもその苦情とやらも実際はごく一部なんでしょうけど。大部分はオバカだなーって笑って終わりなことでも、ごく一部の声の大きい少数の人の声の方が強いっていうのが、今のご時世です。

最近は、COVID-19の影響でテレビ番組制作に支障が出てるとのことなので、思い切って深夜にでもこの時代の番組を再放送してみると、いろいろ面白いような気もしますね。

にほんブログ村 音楽ブログへご協力お願いします!