フリー音楽・効果音制作 HMSounds

フリーBGM・効果音を作っています。

Cubaseの縦幅伸縮問題、やっと解決法が見つかる

はおう丸です。

 Cubase愛好家の皆さん、ついに

アレ、ちっちゃくね?問題

解決しましたよ。(Cubase10対応)

 f:id:haoken:20190723074811p:plain

これです。これ。

 これは、何をするものかというと、ピアノロールの縦幅を伸縮するためのスクロールバーです。

これが、やたらと小さいんですよね。

特に、プラスマイナスボタン。

ハズキルーペを使えばいいじゃんという問題ではないんです。

昔はそうでもなかったと思うのですが...........

いつからお前はそんな風になってしまったんだ。

いや、Cubaseだけじゃなくて、最近のトレンドなのか、いろんなソフトでスクロールバーがちっちゃくなるような傾向を感じます。

Adobeとかでもそんな感じがします。

ポヨン♪

 さて

f:id:haoken:20190723080316p:plain


話を戻すと、普段、僕はこの幅で曲作りをします。

理由は、ノートのところに音階名が表示される方が好きなんです。

これをもう少し縮めると

f:id:haoken:20190723080515p:plain

このように、音階名が表示されなくなって、音階が認識しづらくなってしまい、僕的には効率が悪くなります。

特に、ノートがいっぱい重なってる状態だと、上の上の画像だと、DGBEと表示がでているので、あ、Em7(あるいはG6)だなって分かりますが、上の画像だと僕の感覚では、ちょっと分かりづらいです。

かといって、場合によっては、幅を縮めた方が編集しやすいような場面もあるので、思い通りに調整できるのいいのですが、ワンサイズ伸縮させるための、この

f:id:haoken:20190723082947p:plain

プラス・マイナスボタンが異様に小さいんです。

プラスボタンを押そうと思って、でも少し上を押してしまうと、一気に最大サイズになって、びっくりします(笑)

f:id:haoken:20190723084127p:plain

逆に、マイナスボタンを押そうとして、最小サイズになることもあって、とても操作性が悪いなと感じることがあります。

しかし、その問題を解決する方法を見つけました。

それは、

f:id:haoken:20190723082947p:plain

この辺りで、マウスホイールをクリクリするのです!

マウスホイールクリクリだと、一気に最大/最小になることはなく、一段階ずつ変化します。

しかも、有効エリアが、プラスマイナスボタンとスクロールバー全域になるため、有効エリアがグッと広がります

 

すばらしい。

こんな方法があったなんて。

これは目からウロコでした。

Amazing!!

ん?

僕だけですか?

感動しすぎて、割と長文書いてしまったのですが。

でも、これ結構悩んでる人多いと思うんですよねぇ......

ちなみに、ピアノロール全域

マウスホイールクリクリ → 縦方向への移動

Shift + マウスホイールクリクリ → 横方向へ移動

Ctrl + マウスホイールクリクリ →  横幅の伸縮

というのもあるので、うまく使い分けていただければと思います。

ところで、

マウスホイールクリクリって何や?