HMSounds フリー音楽・効果音制作

著作権フリー音楽BGM・効果音を作っています。Audiostockで配信の他、無料フリー素材もダウンロードできます。

【Cubase11】Ample Guitar3.0 で不具合、セッティングが上手くいかない

はおう丸です。

最近、最新のCubase11にアップグレードして、いろいろ試しています。

ピアノロールの上にコードトラックの内容が表示されるようになったり、CC(コントロールチェンジ)やピッチベンドが、点々じゃなくてカーブで描けるようになって、エディットしやすくなっただけじゃなくて、CCの効きがなめらかになって、音自体が良くなるなど、いろいろ利点があって、アップグレードして良かったなぁと思っています。

---------------あの不具合を発見するまでは。

Cubase11不具合AmpleGuitar

【Cubase11】Ample Guitar3.0 で不具合、セッティングが上手くいかない

AmpleGuitar3で不具合

AmpleGuitar

アコースティックギターを使った曲を作ろうと、いつものようにAmple Guitarを立ち上げました。

そして、いつものように、ノートデータを使ってセッティングをしようと思ったら、これがうまくいかない。

Ample Gutarセッティング

例えば、C#6とD5のVEL100を置けば、StrumモードをON、スイッチコードモードをONにできるはずですが、Cubase11では上手くいかない。Cubase10では問題なかったはずなのに。

もしかしたら、これ以外にも不具合があるかも知れません。

なお、このノートデータによるセッティング方法は、下記の記事でも書いているので、よかったらこちらもご覧ください。 

www.hmsounds.net

曲を通して、同一のモードで作る場合は問題ないといえば問題ないのですが、曲中にストラムモードをON/OFF切り替えたい場合は困る。

どうしたもんか。

Ample Guitarのバージョンを調べてみるとv3.0.1、Cubaseは、Cubase11.0.10でした。

Cubaseは最新、Ample Guitarの方は最新が3.3ということで、Ample Guitarを最新にしてみることにしました。

 

解決

結論から言えば、Cubase11.0.10 とAmple Guitar v3.3 の組み合わせだと、きちんと動作しました。

よかった。

ただ、Ample Guitarは中国製のソフトシンセ、そのせいなのかは分かりませんが、うちのChromeちゃんがダウンロードを拒否するんですよ(笑)

最新バージョンをダウンロードしようとクリックするも、「安全ではない」とか何とかいうメッセージが出るし、無理やりダウンロードして、zipファイルを解凍してインストーラを立ち上げても、今度はWindowsちゃんが「安全ではない」とか言い出すし、中国どんだけ嫌われてんねん。

まあ僕もあの国は全く信用はしてませんけど.......

ウイルスとか入ってないといいけど........

まあ無事に動いたようなので、また曲作りを再開するとするか。

 

作曲ランキング にほんブログ村 音楽ブログへご協力お願いします!