HMSounds フリー音楽・効果音制作

著作権フリー音楽BGM・効果音を作っています。Audiostockで配信の他、無料フリー素材もダウンロードできます。

曲のダウンロード方法、説明はこちら

Ample Guitarの使い方/ギターコードを簡単に指定する方法

はおう丸です。

皆さん、おうち時間でDTMしてますか?ということで、以前ブログで書いた定番ソフトの中のAmple Guitarというソフトシンセの使い方について、書きたいと思います。

お題「#おうち時間

目次

Ample Guitar

Ample Guitar サムネ

AMPLE SOUND社のAmple Guitarとは、中国で作られたソフトウェアで、ギターが簡単に入力でき、かつ、音がリアルなので、結構人気のあるソフトシンセです。

種類も、Martin、TYLORなどのアコースティックギター、ストラト、レスポール、PRSなどのエレキギター、ES-335やアップライトベースまで、いろんな種類があります。

僕は、アコースティックギターのL,T,M,TWELVEを持っています。それぞれを買うと結構なお値段しますが、たまにセールをやっているので、それを狙うと半額くらいで買えたりするので、それを狙うと良いと思います。

ギターの打ち込みは、なかなか難しい

そう、ギターの打ち込みはなかなか難しいのです。というのも、キーボードと違って、狙った音が鳴っているとは限らないからです。

Ample Gutar,フリー素材

例えば、ギターを想定して、Cubaseのピアノロールで単純にド/ミ/ソの音を設定しても、実際のギターコードの音は違ったりして、少し不自然になります。

ちなみに、昔作ったギターアプリ・バーチャルギターは、こういったギターフレットと鍵盤の置き換えを知るために作りました。超便利です。無料フリーソフトです。

それだけではありません。ギターというのは、弦を弾く楽器なので、楽器の構造上、複数の音が同時に鳴らすことは困難となります(頑張れば2,3音は鳴らせると思いますが、6音は流石に無理です)

なので、打ち込む場合も、それを手動で再現しないといけません。更には、上からジャーンとやる場合(ダウンストロークといいます)と、下からジャーンとやる場合(アップストローク)で当然タイミングが変わるので、これも考慮しないといけないのです。

(下図、左がギターを上からストロークした場合、低い音から順に鳴る。右は逆)

Ample Guitar ストロークの再現

昔のシンセサイザーと違って、最近のソフトシンセは音もリアルになって、本物に近い音が出せるのですが、単純に音を並べて、それを鳴らしただけでは、ギターっぽいんだけどなんか味気ないな、機械的だな、という仕上がりになってしまいます。

ちゃんと人がギターを弾いてるように再現するには、相応のテクニックと相当な根気が必要になってくるのです。

そんな時こそAmple Guitar

Ample Guitarを使えば、これまで書いてきた苦労話も笑い話になるくらい、簡単にギターの打ち込みができるようになります。

どんなふうに楽になるのか、それでは、コードの打ち込み方を紹介していきましょう。

 

ギターコードの指定方法

AmpleGuitar,Strummerモード

まず、AmpleGuitarの画面を立ち上げ、左上からStrummerと書かれたボタンを押します。この画面の下側で、ギターのコードを登録して、順に任意のコードを呼び出し、ストローク奏法を指定すれば、ギターをジャカジャカ鳴らすことができます。

しかし、コードをいちいち登録するのが面倒ですし、メジャーコード、マイナーコード、Sus4など別登録扱いになり、数も限られてくるので、かなり不自由さを感じます。この方法はお勧めしません。

そこでお勧めなのが以下。

AmpleGuitar、コード入力画面

赤丸のところのボタンを押すと、SelectモードからDetect(検出)モードになり、画面がこのように切り替わります。このモードにすると、ピアノロール画面上のコード構成音を検出しギターコードを指定できるようになります。
ちょっと説明が分かりづらいかと思いますが、以下を見てください。

AmpleGuitar コード入力方法

ピアノロールのオクターブ1のところで、F/A/C と音を置くと、AmpleGuitarの方でF Majのコードに変わっているのが分かると思います。コードを検出してるわけですね。

AmpleGuitarコード入力

同様に、A/C/E と置くと Am のマイナーコードも設定できます。

AmpleGuitarコード入力

Sus4にも対応してますし、dim(ディミニッシュコード)も対応してます。

AmpleGuitarコード入力

音4つ置いて m7などセブンスコードの入力もできます。9thコードはちょっと無理みたいです...

AmpleGuitarコード入力

さらに、ハイポジションでのコードにも対応しています。さきほどは、Cのコードの場合は、C/E/Gとノートを置きましたが、E/G/C とすると、セーハコードのCになりましたね。上画像右下のPositionが2になっているところがポイントです。G/C/E では更にハイポジションのPosition=3のコードになります。


これなら、ギター特有の音構成を知らなくても、ピアノロール上の構成音を検出してギターコードに変換してくれるので、非常に便利です。

この機能を知ってから、AmpleGuitarが非常に使いやすくなりました。

ストロークの指定方法

これでコードは指定できるようになりましたが、まだこれだけでは音が鳴りません。ギターでいうと、左手でコードを押さえた状態なので、今度は右手のストローク方法を指定してやらないと音が鳴らないわけです。

ここで、Ample Guitarの下側中央に注目します。

AmpleGuitar奏法の指定

上から音階順に、

B4 : Up Treble String (Mute)     (ベロシティを弱くすると鳴らす弦が減る)

A4 : Down Treble String (Mute)     (ベロシティを弱くすると鳴らす弦が減る)

G4 : Down Bass String (Mute)     (ベロシティを弱くすると鳴らす弦が減る)

F#4 : Mute Voice2

F4 : Mute Voice1

E4 : Up Treble String (Open)     (ベロシティを弱くすると鳴らす弦が減る)

D4 : Down Treble String (Open)     (ベロシティを弱くすると鳴らす弦が減る)

C4 : Down Bass String (Open)     (ベロシティを弱くすると鳴らす弦が減る)

B3 : 1st String

A3 : 2nd String

G3 : 3rd String

F3 : 4th String

E3 : 5th String

D3 : 6th String

となっており、各ノートに対応しています。つまりC4を置くと、ギターを上から順にジャラーンとダウンストローク、E4を置くと、下から順にジャラーンとダウンストロークで鳴らすことができます。

実際にピアノロールに置くと、こんな感じになります。

AmpleGuitarストローク

これで、Cのコードがダウンストロークで再生されるというわけです。

AmpleGuitarストローク

D3~B3は、弦の単音で鳴らすことができるので、アルペジオや、曲の最後でポロローローーーーーーローーーーンと溜めて終わるみたいなのも、簡単にできますね。

各パラメータの設定を変更する

Ample Guitarの良いところは、いろんなパラメータをノートのベロシティで変更できる点にあります。

全部紹介するとキリがないのでしませんが、変更したい箇所にマウスを持って行って3秒ほど待つと、ヒントが表示されるので、それを参考にするといいと思います。

例えば、冒頭で紹介したDetectモードへの変更ボタンを例にします。

AmpleGuitarヒント

がんばって英語を読むと、Detectモードにするには、D5のベロシティ64-127, Selectモードに戻すにはベロシティを1-63にする、と書いてあります。

AmpleGuitar ディテクトモード

つまり、こんな感じで曲の冒頭にD5を置くと、モードを切り替えることができます。他にもいろいろあるので、マウスを移動させてヒントを表示させて、確認してみてください。

 

で、どんな曲ができるの?

以下にAmpleGuitarを使った曲を紹介します。よかったら聴いてみてください。

 

www.hmsounds.net

www.hmsounds.net

www.hmsounds.net

www.hmsounds.net

 

にほんブログ村 音楽ブログへご協力お願いします!

早見沙織バースデー企画!ツアー2019 "JUNCTION" at 東京国際フォーラム ホールA 映像配信!

お題「#おうち時間

はおう丸です。

今日5/29日は、声優・早見沙織さんのお誕生日だそうです。

おめでとうございます。

声優に詳しいというわけではないのですが、早見さんの声はすごくしっとりとしていて、めちゃくちゃ好きなんです。

最近だと、グラブルか何かのTVCMで、「魔法をかけまほう、ふふふ...」みたいな強烈なダジャレをかましている、あの声です。

閃の軌跡シリーズ

閃の軌跡エマ・ミルスティン

最初に、あ、この声いいなと思ったのは、このゲームです。この中のメガネの女の子エマ・ミルスティンの声が、しっとりしてていいなと思いました(キャラ的に推してるのは、女教官さんなんですけど)

この作品では、終始おしとやかなお嬢様といった感じで、まあそういう声優さんなんだくらいにしか思ってませんでした。 

www.hmsounds.net

賭ケグルイ

次に早見沙織さんの声を認識したのが、このアニメです。

普段はおしとやかなお嬢様の蛇喰夢子(じゃばみゆめこ)。でもギャンブルになると、頭のネジが何本かとれちゃうという、いろいろぶっ飛んだアニメです。浜辺美波主演の実写版映画もヒットしましたね。

このお嬢様からギャンブル狂への豹変ぶりは、本当に見事としか言いようがありません。上の動画でも、序盤は可愛らしい声ですが、1分10秒あたりから豹変していきます。この声の演技力は凄まじいです。

 

DOUBLE DECKER!ダグ&キリル

早見沙織さんに関するまとめ記事なんかでも、ほとんど目にすることがないこのアニメ、僕は結構好きで見てたんですけど、マイナーなんでしょうか(笑)

アニメ自体は8割方フザけたコメディな感じで(笑)、しつこいくらいにボケ倒しのナレーションも、だんだんと慣れてくると楽しくなってきます。最終回のタイトルが「そして誰もいなくならなかった!」とか、あぁ全員生き残るんだなーって展開が読めすぎてて逆に清々しいですよね(笑)

で、肝心の早見さんですけど、7:50辺りからのこのガサツな女性キャラ、あぁこの人こういう感じもいけるんだ、と思いました。たまに放送禁止用語(当然ピーが入る)とかも喋っちゃう破天荒キャラで、最初は早見沙織さんだとは全然気付きませんでした(笑)

振れ幅の大きさに脱帽です。

#早見沙織生誕祭2020「HAYAMI SAORI Concert Tour 2019 "JUNCTION" at 東京国際フォーラム ホールA」無料配信&同時視聴企画

今日5/29のお誕生日企画として、YouTubeでこんな動画が配信されるようです。

(生配信が終われば、あるいはしばらくすると動画は消されると思います)

実は彼女がどんな歌を歌ってるか、ほとんど知らないのですが、これを機に歌も聴いてみようかなと思っています。

時々、深夜アニメ枠のCMで彼女の歌が流れたりしてるので、たまに聴いたりはしますが、声優さんは基本、発声が良いので、歌上手い人が多い印象です。

楽しみです。

にほんブログ村 音楽ブログへご協力お願いします!

【フリー音楽】スペイン情熱のフラメンコ、ループ対応

はおう丸です。

スペインの音楽として有名なフラメンコの曲を登録したので、ご紹介します。

フリーフラメンコ曲スペイン

流浪のマサじぃさんによる写真ACからの写真

スペイン情熱のフラメンコ、ループ対応

Audiostockで試聴

スペインの音楽といえばこれというほど有名な、フラメンコの曲です。クラシックギターと手拍子で激しいリズムを刻み、メロディはバイオリンで優雅に音を奏でます。

この曲、過去にブログで紹介した曲ですが、今回、ループ対応のデータを登録しました。上の曲を一度聞いてもらえればわかるのですが、最後、プツと音が止まってしまいます。しかし、動画ツールやゲーム制作で、ループするように設定すれば、最後と最初が繋がって、延々にループできるようになっています。

旅動画などでスペイン関連の動画を作成されている方、こんな曲はいかがでしょうか。

 

大前春子

www.ntv.co.jp

誰やねんと思われた方もいらっしゃると思いますが、ドラマ「ハケンの品格」で篠原涼子さんが演じていらっしゃるスーパー派遣の大前春子さんです。今、コロナ問題で昔のハケンの品格が再放送してますが、その中で、大前春子さんがフラメンコを踊ってらっしゃるんですよね。元東京パフォーマンスドールですから、篠原さんは演技・歌だけじゃなく、踊りもバッチリです。もうそろそろ新シリーズが始まると思いますが、大前春子さんは再びフラメンコを踊るのか、くるくるパーマと共に注目していきたいですね。

ファイナルファンタジー9

www.jp.square-enix.com

最近リマスター版をプレイしました。この中で、チョコボに乗って地中の宝を掘り当てるというミニゲームがあるのですが、そこのBGMがフラメンコでした。残念ながらお馴染みのチョコボのメロディではなかったのが、ちょっと残念でした。FFシリーズは、毎回チョコボのテーマ曲がいろいろなアレンジを施されていて、シリーズの楽しみのひとつでもあります。一番インパクトがあったのが、FF13-2で、デスメタルなチョコボ曲になっていた時は、流石にビビりました(笑)

 

Audiostockでのループ対応について

Audiostockでループ対応WAV素材を登録するのには、実はちょっとしたテクニックが要ります。過去にループ対応素材をアップしようとして、「この素材はノイズが乗っているため登録できません」的なことで断られることが、何度もありました。そんなはずないんだけどなぁと思いつつ、いろいろ修正してから登録しても、結果は同じでした。

でも、今回ふとしたきっかけで、原因らしきものが分かって、試しにこの曲で登録してみたら、一発で通りました。

おそらくですが、Audiostock用素材は、最初と最後が音量0でないと駄目なんだと思います。

原因が分かってよかった。

 

にほんブログ村 音楽ブログへご協力お願いします!

ボンジョヴィ Limitless Performed on The Voice/Bon Jovi

お題「#おうち時間

はおう丸です。

YouTubeに出てきたおすすめ動画の紹介です。

Limitless Performed on The Voice/Bon Jovi

最近よくあるおうちでコラボ系の動画を、世界的ロックスターBon joviがやってくれました。ありがとう!

曲は今年発表されたLimitlessという曲で、新曲でこういうことやってくれるのは嬉しいですね。残念ながらギターはリッチーサンボラではないようですが....

こういう動画だと、曲はもちろんですが、メンバーがどんな家に住んでるのかってのも気になりますよね(笑)

ボンジョヴィLimitless

まず、ボーカルのジョンボンジョヴィ、部屋広っ!!

リビングでしょうか。自宅スタジオでしょうか。多分、メンバー、機材一式入れて練習できるレベルですね。後ろのパネルは、おそらく昔のジョンですかね。めっちゃ自分好きやん(笑)

他メンバーも、機材をこれでもかと見せつける感じとか、それぞれ個性が出てておもしろいですよね。

気になるのが、キーボードのデヴィット・ブライアン(部屋色が怪しい人)、後ろにかなり昔のマッキントッシュっぽいものがありますね。ちょうどボンジョヴィデビューの年くらいのマシンですから、何らかの思い入れがあるんでしょうか。流石に現役稼働ということは無いと思いますけど。

 

途中、2分半辺りで、ジョンからありがたいメッセージがあります。ネタばれになるといやなので、気になった方はぜひ確かめてみてください。(っていうか動画全部見よう!)

向こうも店やってないんでしょうね(笑)

僕は3月末くらいに行けたので、まだ大丈夫です。

ボンジョヴィのライブ

僕がボンジョヴィのライブに最後に行ったのは、1年半くらい前のツアーです。ちょっと前までボンジョヴィは東京でしかライブをしないような時期もあったのですが、この時のツアーでは京セラドームでもライブしてくれました。その時の僕は、3か月前くらいに入院して体もぐだぐだでしたが、ボンジョヴィが大阪に来てくれたことが嬉しくて、がんばって行ってきました。

次はいつになるのか、おそらく全アーティストでもそうなんでしょうが、また日本に来てライブをしてくれることを願います。

最後に、日本では不本意ながら筋肉ソングとして定着してしまったあの曲をどうぞ。

 

にほんブログ村 音楽ブログへご協力お願いします!

フリー素材/大迫力衝撃音!ホラー・怪談動画で使える

はおう丸です。

夏に向けて、ホラーや怪談に使えるフリー効果音をいろいろ作りました。例によってAudioStockに登録したので、ご紹介したいと思います。

ホラー効果音フリー

あんたうちのプリン食べたやろ....

大迫力衝撃音!ホラー・怪談動画で使える

AudioStockにて試聴

どれも、ホラー系映画やドラマ、怪談話もの、YouTube動画などで、静かな場面から急に流れたらビビるだろうなぁというのを想定して作りました。

音の立ち上がりを少し弱めにしている(波形の左側が丸っこくなってる)のは、立ち上がりを強くしてしまうとちょっと心臓と耳に悪いかなと思って、あえて弱くしてます。でも、音量が小さいとか迫力が無いということでは、全くもって無いので、ぜひ試聴してみてください。

更に、ホラー動画で使えそうな効果音を用意しています。

 

これら4つは、先に紹介した効果音の前に、高音のモスキート音.... ではなくて、高音のストリング系の音を約20秒鳴らしてから、衝撃音でガツン!!!と来るタイプのやつです。

よくこういうのありますよね。フジテレビの「ほんとにあった怖い話」とか、日テレ「あなたの知らない世界」のような心霊系動画で、「あ、ここアレ(幽霊)が出そうだな」という場面で、高音のキーーーーンとした音を流しておいて、アレ(幽霊)の顔アップと共に効果音ギャン!!!っていうやつ。それを想定して作りました。

前半の煽りは、恐怖を煽るために、音程を不安定にしたりとちょっと工夫しています。

夏に向けて、ホラー系動画、怪談動画など作ろうかなと思っていらっしゃる方、企業様、ご検討よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 音楽ブログへご協力お願いします!